• ムビチケ
  • メイジャー(らくらくネット通販)

映画『フッド:ザ・ビギニング』10月18日(金)全国公開

《最高のアクションシーン》は、アクションどの動画!? フッド:ザ・ベストアクション 抽選で豪華賞品をプレゼント!

Twitter

Facebook

世渡り上手で傲慢な領主と、正義を貫く情熱的な盗賊。2つの顔をもつ男が、伝説になるまでーー

監督: オットー・バサースト、製作: ジェニファー・デイヴィソン、レオナルド・ディカプリオ、音楽: ランドール・ポスター 『沈黙 -サイレンス-』、ジョセフ・トラパニーズ 『グレイテスト・ショーマン』、出演:タロン・エガートン、 ジェイミー・フォックス、ベン・メンデルソーン 、イヴ・ヒューソン、ジェイミー・ドーナン、配給:キノフィルムズ/木下グループ

INTRODUCTION

レオナルド・ディカプリオ製作
『キングスマン』シリーズのタロン・エガートン主演
おとぎ話は終わった──
現代のスーパーレジェンド誕生!

「特別な作品」を製作することを最も大切にしているという、オスカー俳優レオナルド・ディカプリオがプロデューサーに名乗りを上げ、疑うことを知らない特権階級の若者が正義に目覚め成長する姿を描くことで、〈ロビン・フッド伝説〉を誰もが初めて出会う〈現代のスーパーレジェンド〉へと生まれ変わらせた。

『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンが、華やかで世渡り上手な領主と、驚異的な弓の使い手で情熱的な盗賊の2つの顔をもつ男を、ユーモアとウィットをこめて爽快に演じる。
ロビンと信頼と友情で結ばれるジョンには、オスカー俳優のジェイミー・フォックス。また、『キャプテン・マーベル』のベン・メンデルソーン、『ブリッジ・オブ・スパイ』のイヴ・ヒューソン、『フィフティ・シェイズ』シリーズのジェイミー・ドーナンがロビンの敵か味方か、サスペンスに満ちた役柄に挑む。

監督は英国アカデミー賞に輝くオットー・バサースト。音楽は大ヒットミュージカル『グレイテスト・ショーマン』のジョセフ・トラパニーズ。

鍛え上げられた生身の肉体からハイスピードで繰り出される、最速の弓や馬車チェースのリアルかつアクロバティックなアクションが、スタイリッシュな映像と融合、どの瞬間も全く新しいアクション・エンターテイメントが日本を魅了する!

裏の顔は正義を貫く情熱的な盗賊
表の顔は世渡り上手で傲慢な領主

STORY

表の顔は世渡り上手で傲慢な《領主》
裏の顔は正義を貫く情熱的な《盗賊》
2つの顔を持つ男が敵も味方も鮮やかに欺く
ハイパーシューティング・アクション!

イングランド。広大な屋敷に暮らす若き領主ロビン・ロクスリーは何の苦労も知らずにいた。十字軍として遠い異国で戦うまでは。4年後、激戦を生き抜いていたロビンは上官に歯向かったことから国へ帰される。そして、自分が戦死したことにされて領地も財産もすべて没収され、恋人も領民も鉱山へと追放されていたことを知る!

どん底に落ちたロビンだが、戦地では敵だった最強戦士ジョンに導かれ、たった2人で腐敗した政府に反逆を開始する。頭巾=フッドで顔を隠したロビンは政府から金を盗み、それを領主として献上し権力のトップに潜入していく。やがて、貧しき者の代弁者〈フッド〉として、民衆の心をつかんでいくのだが――。

事態を重く見た政府は、ついに〈フッド〉を捕らえるために戦地から最強の軍人たちを呼び寄せるのだった。

反逆者かヒーローか、ロビンの戦いの行方は――?

CAST

Robin of Loxley Taron Egerton ロビン・ロクスリー タロン・エガートン

1989年、イギリス生まれ。王立演劇学校で演劇の修士号を取得する。コリン・ファース共演、マシュー・ヴォーン監督の『キングスマン』シリーズ(14・17)でブレイクし、その多才でカリスマ性のある演技で観客の心をとらえ続けている。2016年、英国アカデミー賞ライジング・スター賞にノミネートされる。
その他の出演作は、アリシア・ヴィカンダー共演の『戦場からのラブレター』(14・未)、トム・ハーディ共演の『レジェンド 狂気の美学』(15)、ヒュー・ジャックマン共演の『イーグル・ジャンプ』(15) 、『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』(18)、エルトン・ジョンを演じて、すべての曲を歌っている『ロケットマン』(19)、TVシリーズ「ダーククリスタル:エイジ・オブ・レジスタンス」(19~)など。
大ヒットしたアニメーション映画『SING/シング』(16)では声優を務め、『Sing2』(21)でも同じ役の声を演じる。

タロン・
エガートン

Yahya / John Jamie Foxx ヤキヤ/ジョン ジェイミー・フォックス

1967年、アメリカ、テキサス州生まれ。オスカー俳優、グラミー賞受賞アーティスト、さらに人気コメディアンでもあり、ハリウッドでも稀なほど多面的な活躍をする優れたパフォーマーの一人。
マイケル・マン監督の『コラテラル』(04)でトム・クルーズと共演して高く評価され、アカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞にノミネートされる。さらに、テイラー・ハックフォード監督の『Ray/レイ』(04)で、伝説的ミュージシャン、レイ・チャールズを演じ、アカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞など数々の賞に輝く。
その他の主な出演作は、大ヒットシリーズで敵役を務めた『アメイジング・スパイダーマン2』(14)、『ANNIE/アニー』(14)、『スリープレス・ナイト』(17)、エドガー・ライト監督の『ベイビー・ドライバー』(17)、新作は、ニック・カサヴェテス監督の『The Manuscript』(20)、長編映画監督デビュー作『All-Star Weekend』。

ジェイミー・
フォックス

Will Jamie Dornan ウィル ジェイミー・ドーナン

1982年、イギリス、北アイルランド生まれ。映画界でもTV界でも高い評価を受けている。
2006年、ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』で、キルステン・ダンストが演じるマリー・アントワネットの恋人フェルゼン伯爵を演じ、長編映画初出演を果たす。その後、E.L.ジェームズのベストセラー小説を映画化した『フィフティ・シェイズ』3部作(15・17・18)のクリスチャン・グレイ役でダコタ・ジョンソンと共演し、世界的にその名を知られる。
その他の主な出演作は、TVシリーズ「ワンス・アポン・ア・タイ ム」(11~13)、英国アカデミー賞にノミネートされた、TVシリーズ「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」(13~16)、『不都合な契約』(14・未)、『ルイの9番目の人生』(16)、『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(16)『、ジャドヴィル包囲戦 -6日間の戦いー』(16・未)、ロザムンド・パイク共演の『プライベート・ウォー』(18)など。

ジェイミー・
ドーナン

Mariana Eve Hewson マリアン イヴ・ヒューソン

1991年、アイルランド生まれ。才色兼備で年齢以上の威厳と落ち着きを感じさせ、あっという間に世代を代表する女優たちの仲間入りを果たす。
『The 27 Club』(08)でデビューし、ショーン・ペン主演の『きっと ここが帰る場所』(11)で注目される。続いて、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ジュリア・ルイス=ドレイファス共演の『おとなの恋には嘘がある』(13)、スティーヴン・ソダーバーグ監督のTVシリーズ「The Knick/ザ・ニック」(14~15)、トム・ハンクス共演、スティーヴン・スピルバーグ監督の『ブリッジ・オブ・スパイ』(15)、ラミ・マレック共演の『パピヨン』(17)などに出演する。
新作は、クロエ・セヴィニー共演の『The True Adventures of Wolfboy』(19)、イーサン・ホーク共演の『Telsa』(19)など。

イヴ・
ヒューソン

Sheriff of Nottingham Ben Mendelsohn ノッティンガム州長官 ベン・メンデルソーン

1969年、オーストラリア生まれ。2010年、『アニマル・キングダム』でガイ・ピアースと共演し、オーストラリアの2大アワードであるAFI賞とIF賞の主演男優賞を獲得し、演技派俳優として高く評価される。
 その他の主な出演作は、ブラッド・ピット共演の『ジャッキー・コーガン』(12)、ライアン・ゴズリング共演の『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』(12)、クリスチャン・ベイル共演、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト ライジング』(12)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)、ジョー・ライト監督の『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(17)、スティーヴン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』(18)、『キャプテン・マーベル』(19)など。

ベン・
メンデルソーン

Friar Tuck Tim Minchin タック修道士 ティム・ミンチン

 1975年、イギリス生まれ。ミュージシャン、俳優、コメディアン、作家として活躍している。風刺の効いた弾き語りで、イギリス、アメリカ、オーストラリアをツアーした他、5枚のDVDをリリースしている。俳優としては、舞台で「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」のローゼンクランツ役、「ジーザス・クライスト=スーパースター」のジューダス・イスカリアット役を演じている。また、 TVシリーズ「カリフォルニケーション」(13)にも出演する。
監督業にも進出、ドリームワークスのアニメーション映画『ビルビー』(18)を手掛ける。

ティム・
ミンチン

Cardinal F. Murray Abraham 枢機卿 F・マーレイ・エイブラハム

 1939年、アメリカ、ペンシルベニア州生まれ。『アマデウス』(84)でアカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞を受賞し、名優と称えられる。その他、ブライアン・デ・パルマ監督の『スカーフェイス』(83)、『薔薇の名前』(86)、『虚栄のかがり火』(90)、『スター・トレック/叛乱』(98)、『小説家を見つけたら』(00)、ジョエル&イーサン・コーエン監督の『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(13)などに出演。近年では、ウェス・アンダーソン監督とのタッグでも知られ、『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)に出演し、『犬ヶ島』(18)では声の出演をする。その他、「グッド・ワイフ」(11~14)、「HOMELAND/ホームランド」(12~18)などTVシリーズでも活躍している。

マーレイ・
エイブラハム

FILM MARKER

FILM MARKER
監督 オットー・バサースト
Directed by Otto Bathurst 監督 オットー・バサースト1971年、イギリス生まれ。ポストプロダクション会社から、映画界でのキャリアをスタートし、編集者を経て制作サイドに移り、ADとして3年間、400を超える数のCMに携わる。その後、監督した短編映画がブリティッシュ・カウンシル選定作品になり、様々な国際映画祭で上映され、多くの賞を獲得する。それをきっかけにTVシリーズで活躍するようになり「、Five Days」(07)で英国アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、「Criminal Justice」(08)で英国アカデミー賞に輝く。
その他の作品は、「永遠のプリマ マーゴ・フォンテーン」(09)、TVシリーズ「ブラック・ミラー」「ピーキー・ブラインダーズ」など。新作は、TVシリーズ「His Dark Materials」(19~)。
Produced by Leonardo DiCaprio プロデューサー レオナルド・ディカプリオ1974年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。『ギルバート・グレイプ』(93)、『アビエイター』(04)、『ブラッド・ダイヤモンド』(06)、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)でアカデミー賞®にノミネートされ、5度目のノミネートとなる『レヴェナント:蘇えりし者』(15)で、遂にオスカーに輝く。ハリウッドを代表するスターにして演技派俳優で、近年では製作会社アピアン・ウェイを立ち上げ、プロデューサーとしても活躍している。
その他の主な出演作は、『ボーイズ・ライフ』(93)、『タイタニック』(97)、マーティン・スコセッシ監督と初めて組んだ『ギャング・オブ・ニューヨーク』(02)、クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』(10)、クリント・イーストウッド監督の『J・エドガー』(11)、クエンティン・タランティーノ監督の『ジャンゴ繋がれざる者』(12)と『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(19)、『華麗なるギャツビー』(13)など。
新作は、『The Black Hand』、マーティン・スコセッシ監督の『Killers of the Flower Moon』。
Produced by Jennifer Davisson プロデューサー ジェニファー・デイヴィソン レオナルド・ディカプリオの製作会社アピアン・ウェイのプロデューサー。主な作品は、ジャウマ・コレット=セラ監督の『エスター』(09)、アマンダ・サイフリッド主演の『赤ずきん』(11)、ジョージ・クルーニー監督の『スーパー・チューズデー~正義を売った日~』(11)、クリスチャン・ベイル主演の『ファーナス/訣別の朝』(13)、ジャスティン・ティンバーレイク主演の『ランナーランナー』(13)、レオナルド・ディカプリオ主演、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の『レヴェナント:蘇えりし者』(15)、ベン・アフレック監督・主演の『夜に生きる』(16)など。
新作は、クリント・イーストウッド監督の『The Ballad of Richard Jewell』、レオナルド・ディカプリオ主演の『The Black Hand』。
Director of photography George Steel 撮影 ジョージ・スティール キリアン・マーフィ主演のTVシリーズ「ピーキー・ブラインダーズ」の2013年の3つのエピソードの撮影監督を手掛け、高く評価される。その他の作品は、『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』(14)など。
Edited by Joe Hutshing 編集 ジョー・ハッシング オリヴァー・ストーン監督の『7月4日に生まれて』(89)と『ドアーズ』(91)と『野蛮なやつら/SAVAGES』(12)、カーティス・ハンソン監督の『激流』(94)、ジョン・ウー監督の『ブロークン・アロー』(96)、キャメロン・クロウ監督の『あの頃ペニー・レインと』(00)と『アロハ』(15・未)、ナンシー・マイヤーズ監督の『恋愛適齢期』(03)と『ホリデイ』(06)と『恋するベーカリー』(09)、ロバート・レッドフォード監督・主演の『大いなる陰謀』(07)、アンジェリーナ・ジョリー主演の『ツーリスト』(10)、『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』(13)、ヒュー・ジャックマン主演の『グレイテスト・ショーマン』(17)など、数々の話題作を手掛けている。
Production Designer Jean-Vincent Puzos 美術 ジャン=ヴァンサン・ピュゾ ミヒャエル・ハネケ監督の『愛、アムール』(12)で、セザール賞にノミネートされる。その他の作品は、ニコラス・ケイジ主演の『ロード・オブ・ウォー』(05)、ローランド・エメリッヒ監督の『紀元前1万年』(08)、ドウェイン・ジョンソン主演の『ヘラクレス』(14)、『コルト45/孤高の天才スナイパー』(14)、『シークレット・オブ・モンスター』(15)、ヴァンサン・ペレーズ監督の『ヒトラーへの285枚の葉書』(16)など。新作は、ジャウマ・コレット=セラ監督の『Jungle Cruise』(20)。
Costume Designer Julian Day 衣装 ジュリアン・デイ世界的大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』(18)で絶賛され、英国アカデミー賞にノミネートされる。その他の作品は、エミリー・ブラント主演の『マイ・サマー・オブ・ラブ』(04・未)、『コントロール』(07)、『BOY A』(07)、『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(09)、中田秀夫監督の『Chatroom/チャットルーム』(10)、ラッセ・ハルストレム監督の『砂漠でサーモン・フィッシング』(11)、イーサン・ホーク主演の『イリュージョン』(11・未)、ナオミ・ワッツ主演の『ダイアナ』(13)、ロン・ハワード監督の『ラッシュ/プライドと友情』(13)と『白鯨との闘い』(15)と『インフェルノ』(16)、リリー・ジェームズ主演の『高慢と偏見とゾンビ』(16)など。新作は、タロン・エガートン主演の『ロケットマン』(19)。
Music by Joseph Trapanese 音楽 ジョセフ・トラパニーズ 大ヒット作『グレイテスト・ショーマン』(17)の作曲を手掛け、一流音楽家としての地位を確立する。その他の作品は、『ザ・レイド』(11)、『アース・トゥ・エコー』(14)、『ダイバージェントNEO』(15)とその続編『ダイバージェントFINAL』(16)、『ストレイト・アウタ・コンプトン』(15)、『オンリー・ザ・ブレイブ』(17)など。
Music Supervisor Randall Poster 音楽スーパーバイザー ランドール・ポスター ウェス・アンダーソン監督作品で知られ、『ダージリン急行』(07)、『ファンタスティックMr.FOX』(09)、『ムーンライズ・キングダム』(12)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)、『犬ヶ島』(18)を手掛ける。トッド・ヘインズ監督の『アイム・ノット・ゼア』(07)と『キャロル』(15)、『ワンダーストラック』(17)でも高く評価される。
その他の作品は、マーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』(11)と『沈黙 -サイレンス-』(16)、『6才のボクが、大人になるまで。』(14)、『ヴィンセントが教えてくれたこと』(14)、『マイ・インターン』(15)、『デトロイト』(17)など。新作は、ブラッド・ピット主演の『アド・アストラ』(19)。

PRODUCTION NOTE

今までのロビンフッドを超えた、時代にとらわれない全く新しい伝説のヒーロー

レオナルド・ディカプリオが参加を決めた理由

レオナルド・ディカプリオの製作会社アピアン・ウェイのジェニファー・デイヴィソンは、本作のプロデュースに乗り出した理由をこう語る。「レオナルドと私が惹かれたのは、脚本のオリジナリティや、普遍的なテーマに対する新鮮な解釈よ。そこが当社の方針にもぴったり合っていたの。ゴッサムシティがバットマンを必要としていたために、図らずもヒーローになったブルース・ウェインと同じく、ロビン・フッドもノッティンガムが必要としていたのね」

さらに、デイヴィソンは続ける。「自分たちが関わる作品で、レオナルドと私が最も重視していることの1つが、『これは特別な作品だ』と感じられることや、なんらかのユニークな点があることなの。この映画は非常に今日的でパワフルな作品だったわ。ロビン・フッドの伝説でお馴染みのキャラクターたちが顔を揃えているけれど、彼らを今の私たちの生活というレンズを通して見ることになる。それがこの映画を特別なものにしているの」

CLOSE

ロビン役にはカリスマ性とユーモアがマスト

ロビン役に選ばれたタロン・エガートンは、『キングスマン』シリーズで演じた颯爽としたスーパースパイ役で、巧みなアクションと反骨精神を秘めたユーモアを融合させる、類まれな才能を既に証明している。

オットー・バサースト監督は、神話のキャラクターのように見られるロビン・フッドという役を、エガートンが自分の内面に潜む不屈の精神を見出す戦士という、リアルで人間的なキャラクターに作り上げたことを、こう称賛する。「誰もが喜んで彼について行きたくなる。そんな素晴らしい魅力とウィットがタロンにはある。今回のロビンの若さで、この驚くべき革命運動を統率するのはすごいことだ。そんなことができる人間だと信じてもらえる役者は、タロン以外に考えられない」

デイヴィソンもエガートンのことを、「女性に弱いことと、弓矢の達人であること。タロンは、そのどちらも心から信じさせてくれるわ。そして、何をしていても茶目っ気を感じさせるの」と称える。 エガートン自身は、脚本を読んで、「この作品のロビン・フッドには、今の世界とのつながりをものすごく感じる」と語り、ロビンのことを自分の魂と葛藤し、自分自身が予想もしなかった情熱とスキルを見出していく男として考えるようになったという。

CLOSE

大胆に脚色されたジョンを演じるオスカー俳優

昔の物語のジョンはロビン・フッドの忠臣だったが、今回のジョンは元々敵の兵士だったのが、思いがけなくロビンの師となり戦友となって、彼が“フッド”になるのを手助けする。頭が切れて物知りなジョンは、ロビンにとってライバルでもあり、インスピレーションを与えてくれる存在でもある。製作陣は、この役にオスカー俳優ジェイミー・フォックスをキャスティングした。

ロビン・フッドの伝説を一変させるチャンスに惹かれて参加したフォックスは、「今までとは違うものを期待してほしい。今の時代を感じさせる最高の映画だ。驚異的なスピードで飛んでいく弓矢や、カーチェイスさながらの馬での追走劇といった現代的な要素がすごく気に入っている」と胸を張る。

セットでは、フォックスとエガートンがごく自然にからかい合い、粋なジョークを言い合う仲を築き、それをジョンとロビンの役に反映させながら、息をつく間もないほどのアクションの中で切磋琢磨していった。フォックスはエガートンに、「『こんなことができるなんて、お前クレイジーだよ』と、しょっちゅう言っていた」と笑う。

CLOSE

アーチェリーによる“銃撃戦”と、馬による“カーチェイス”

エガートンとフォックスは、ラーズ・アンダーソンというアーチェリーの達人の指導のもと、これまでの映画にはなかった早撃ちアーチャーを目指し、トレーニングを積んだ。超早打ちと驚異的な身のこなしで知られるアンダーソンは、「本作を見て、アーチェリーがすごくエキサイティングで、ダイナミックなものだとわかってもらえたらうれしいね」と語る。アンダーソンが特にうれしかったのは、エガートンができる限り素早く正確に弓を引けるよう熱心に取り組んだことだという。「タロンには、どんな体勢からでも矢を放つことができるようになってほしかったが、実際にそこまで頑張ってくれた」

有名な武器デザイナーであるティム・ワイルドグースは、パワーアップした独創的な弓矢を山のように作った。自動火器のように矢を放つクロスボウや、一度に30本の矢を放つことができる肩乗せ型のデバイスなどだ。他にも、金属製の矢がこめられた回転式マガジン付のガトリング式メカニカル・クロスボウ、州長官が群集を制するために使う催涙弾を発射するクロスボウ、カモフラージュされた“スナイパー・ボウ”、警棒を金属で覆った“ノッティンガム警棒”といった特製の武器が使用された。どれも見た目が恐ろしいだけでなく、すべて実際に使えるものだ。また、弓はキャラクターに合わせて、1つ1つカスタマイズされた。

 

美術のジャン=ヴァンサン・ピュゾは、戦いのスタート地点となる宝庫を作った。3階建てのセットの真ん中にある大きな木製シリンダーが下降していくと、地下に洞窟があり、そこに大金を積んだ馬車が定期的にやってくる。宝庫の外から始まり8分間続く追跡シーンで、セカンドユニットを率いたサイモン・クレーンは、「現代的なカーチェイスのスリルやアドレナリンやニアミスを、馬や馬車を使って表現するのが面白かった。『ベン・ハー』と『ワイルド・スピード』を足した感じだ。ロビンとジョンは建物の間を疾走し、横滑りするように角を曲がり、炎から逃れる。これまでの映画では見たこともないね」

 

デイヴィソンは、「私たちが真に望んでいたのは、すべてのアクション・シークエンスをこの映画特有のものにすること。だからこれまでとは違う弓矢の使い方や、馬を使ったチェイスシーンの新しい見せ方について徹底的に考え抜いた。車やバイクと同じくらいスピード感があって危険で、切迫感にあふれた現代的なシーンよ」と解説する。

CLOSE

ロビンの敵と味方も“今を感じる”キャラクターに

ロビンの恋人で、自立心旺盛なマリアン役に選ばれたのは、人気急上昇中のイヴ・ヒューソンだ。本作のマリアンが心から共感できる女性だったことがうれしかったとヒューソンは語る。「2人が2019年に生きる若い恋人たちと同じで感激したわ」

マリアンの愛を勝ち取ろうとする傍ら、街の指導者になろうとしているウィルを演じるのは、ジェイミー・ドーナンだ。ドーナンは、本作のスケールの大きさにワクワクしたという。「スタントや爆発、エフェクトがこんなにたくさんある映画は初めてだ。今まで経験してきたものとは全然違う」

ロビンの仲間の陽気なタック修道士は、音楽で盛り上げる独特のコメディで知られるオーストラリアのスタンダップコメディアンで、これが映画初出演のティム・ミンチンが演じる。デイヴィソンは、「私たちが求めるクールな雰囲気と破壊分子的なイメージを体現していたのが、ティムだった」と説明する。

ノッティンガムの街に君臨する情け容赦ない専制君主で、“フッド”に敵として狙われることになるのが州長官だ。彼の心の闇を深く掘り下げるのが、ベン・メンデルソーンだ。メンデルソーンは、「抜け目のない政治屋で、人を操る達人」として州長官を演じたという。

CLOSE

撮影、美術、ロケ、衣装──ルールは一切ない、というルール

ジョージ・スティールは、Panavision DXL6mmデジタルカメラを使って、8Kで撮影した初の撮影監督となった。スティールは、「Primo70レンズを使って6mmフォーマットのハイリゾ撮影をすることで、かなり奥行のあるフィールドを正確にコントロールすることができた」と振り返る。スティールはまた、特製の手持ちリグを持って屋根から屋根へと移動しながら撮影することで、コンバット・シークエンスのスピード感を高め、『ブラックホーク・ダウン』的な緊迫感と臨場感を出すことに成功した。

一方、ピュゾは新しいノッティンガムを1から作り上げた。様々な文化のるつぼにしようと考えたピュゾは、「フランク・ロイド・ライトやブガッティの影響もある。19世紀のゴシック・リバイバルからもインスピレーションを受けた」と説明する。

一方、ピュゾは新しいノッティンガムを1から作り上げた。様々な文化のるつぼにしようと考えたピュゾは、「フランク・ロイド・ライトやブガッティの影響もある。19世紀のゴシック・リバイバルからもインスピレーションを受けた」と説明する。

4カ月にわたり3カ国で行われた撮影は、ユネスコの世界遺産に登録されているクロアチアの歴史的な街ドゥブロヴニクから始まった。現在は使われていない3階建ての穀物倉庫が、ロクスリーの館として使用された。また、ロビンとマリアンが忍び込む仮装パーティが開かれるノッティンガム宮殿の外観には、13世紀に建てられた要塞のような聖ドミニク教会が使用された。

衣装のジュリアン・デイは、嬉々として規則破りのノッティンガム・ファッションを作り上げ、“モダン・メディーヴァル(現代的中世)”と名付けた。近未来的なエッジが効いているものの、しっかりと現実に根差した衣装だ。デイとスタッフは、衣装の95%近くを手作りした。ロビンの衣装と頭巾に関してデイは、「マーロン・ブランドが着ていたようなバイクジャケットと、侍が戦のときに着る装束とを合わせたようなものを作った」と解説する。

その他、サラセン軍兵士たちのブルーの軍服は、北アフリカのトゥアレグ民族の衣装を元にした。ノッティンガムの炭鉱夫たちの作業服は英国空軍1945年モデルの飛行服を、代官の兵士たちには台湾特殊警察の制服を参考にした。

バサーストがこう締めくくる。「僕らはできる限り現代的でリアルで、観客が自分と作品との繋がりを感じられる映画を作った。歴史的に正確なもの、これまでのバージョンに忠実なものでは全くない。このロビン・フッドは、金ぴかの額に入れた過去を見せたりしない。これは今の時代のストーリーだ」

CLOSE
映画『フッド:ザ・ビギニング』